いまや立派なデザイナーになった友達が夜間に通った専門学校

以前アパレルの販売をしていた頃に一緒に働いていた女の子がいました。

その子はその前は確かエステシャンをしていたと言ってましたので、いわゆる転職組の一人でした。
もともとファッションが人一倍好きだった私たちほどは洋服の知識はありませんでしたが、とても勉強熱心な性格だったのでよく話をした仲です。

働きはじめてしばらくすると彼女はジュエリーの仕事をしたいと、夜間の専門学校に通い始めました。
服飾の専門学校ではなく、彫金などアクセサリーの分野に特化した専門学校でその後随分と大きくなりましたが、当時は夜のコースだけの小さな専門学校だったと記憶しています。
私自身はいつかデザイナーになりたくて販売をしていましたが、彼女はそういうクリエイター肌には見えなかったので、単に趣味の習い事だと思って聞いていました。

後で思うと彼女は本気で彫金を覚えてジュエリーデザイナーになりたいと考え、そこに通ったようなのです。

その後私がその会社を辞めるまでの3年間、彼女は変わりなく一緒に勤務し、夜は専門学校へ通い続けていました。

しばらく時間をおいて私は彼女がデザイナーとして独立したことを知ることになります。

辞めてからはそれほど話したり会うことが無かったので知りませんでしたが、彼女はコツコツと勉強を続けた後、自分でアトリエを開き展示会を開くようになったのです。

私が彼女の近況に気付いたのは、知人が出店している合同展示会に遊びに行った時でした。

彼女がその中の一角で必死に接客している姿を見かけたのです。

偶然でしたが私はすぐにピンと来ました。
彼女が夢を持って専門学校で勉強し、何年か仕事で稼いだ資金を基に自分のジュエリーブランドを始めたのだなと。

久しぶりに話してみると随分と大人になっていて、すでに経営者としての自覚もあるように感じられましたし、何しろ昔のファッション初心者のような趣きは無くすでに立派なクリエイターの顔がありました。あれから更に数年経ちますが彼女の事業は順調のようで、パリや東京で小さいながらもコレクションを開くまでになり、有名店などでその商品を見掛けることができます。

早くデザイナーデビューしたのは私の方ですが、彼女の粘り強く頑なな姿勢には見習うべきことが多いなあといつも感心させられます。

審美歯科治療の基本法則スマイルデザインについて

審美歯科治療には、基本法則としてスマイルデザインという概念があります。このスマイルデザインは、審美歯科業界では審美歯科医師が把握しておかなければならない知識の一つになっています。
審美歯科治療のスマイルデザインのポイントを紹介します。
まず、1つ目のポイントは、患者の歯全体と、顔のバランスを調べます。
スマイルデザインという名前の通り、無表情の顔ではなく、笑顔になった際の歯と唇のバランスを調べます。

一般的には、笑顔になった際に覗く前歯の先端のラインと下唇の曲線とのバランスがとれていると、綺麗に見えると言われています。

2つ目のポイントは、歯と歯肉の高さのつり合いの良し悪しについてです。

因みに、歯肉とは歯茎のことです。
この歯肉のつり合いが取れていない、つまり左右対称になっていない場合は、審美形成外科あるいは、矯正治療を受けるケースもあります。

一般的に、歯肉のつり合いが取れている場合は、噛み合せに大きな問題があるケースを覗くと、セラミック製のかぶせ物などを左右対称で作ることになります。

3つ目のポイントは、歯と歯肉の高さのつり合いを調べると同時に、患者のそれぞの歯の形状や状態を調べます。

綺麗に見える歯には、黄金率があると言われています。歯の黄金率について有名なものを挙げると、前歯の縦横比、前歯の横幅の比、歯並びを正面から見た際の、隣同士の歯の幅の見え方の比、中心咬合位において上下の顎の前歯の見え方の比などがあります。
因みに、中心咬合位とは、上顎と下顎の歯列がより多くの部分で接触していて、安定した噛み合う状態にあることを意味します。
前歯の縦横比の黄金率は、縦対横が1.6対1.0と言われています。

前歯の横幅の比の黄金率は、中切歯対側切歯対犬歯が1.0対0.6対1.6と言われています。

歯並びを正面から見た際の、隣同士の歯の幅の見え方の比の黄金率は、中切歯対側切歯対犬歯が1.6対1.0対0.6と言われています。中心咬合位において上下の顎の前歯の見え方の比の黄金率は、正面から前歯を見て上の歯対下の歯が1.6対1.0と言われています。

このような黄金率が審美歯科では、ゴールデンプロポーションと呼ばれています。
このゴールデンプロポーションは、審美歯科治療を行う上で基本となる考え方となっています。

審美歯科で行う歯列矯正、さまざまなメリットとは

近年、エチケットとして歯並びや歯の白さを気にする人は増えており、審美歯科に通う人の数も急増しています。

審美歯科は、歯科の治療をしながら、見た目の美しさを手に入れるための治療のことで、アメリカが発祥とされています。審美歯科で行える主な治療に、歯を白くするためのホワイトニングと、歯並びをよくするための歯列矯正がありますが、今回は審美歯科で行う歯列矯正について様々なメリットや基礎知識をご紹介していきます。

顔の中心となる口元は、人に与える印象が最も強い場所でもあります。

歯並びが悪いことをコンプレックスに思っている人は実はとても多く、悪い歯並びのせいで笑顔になれなかったり、人と話すのが億劫になってしまう人もいるほどです。

また噛み合せが悪いことで口内の舌の動きが妨げられるため滑舌が悪くなってしまい、発音がはっきりとできなかったり、どもったような口調になるなど、話し方や発生にも影響します。

審美歯科で歯列矯正をすることで、このコンプレックスを大幅に解消できるため、明るく積極的な気持ちで、他人とのコミュニケーションをとれるようになります。
また、歯並びが悪いことで顔の骨格や筋肉の付き方が変わってくるため、顔のバランスが歪んできてしまいます。
これにより左右の口角の位置がずれて曲がったような顔つきになったり、頬骨が目立つなどの症状が現れるほか、噛み合わせが悪いことでうまく力が入らなかったり、肩こりや頭痛などの原因にもなりうるのです。

耳鳴りや不眠症に悩む人も、実はかみ合わせが原因である場合があります。審美歯科での歯列矯正によって噛み合わせが改善することで、体の機能が正常に機能しやすくなるほか、唾液の分泌が促進されるため、胃もたれや便秘など胃腸の不快感に悩んでいた人にとってはそれが改善されたり、噛みやすくなることで満腹中枢が刺激され、暴飲暴食を抑えることができるます。

また、唾液が多く分泌されることで虫歯や歯周病の予防につながるほか、歯並びの改善により磨き残しが少なくなるというメリットもあります。
ぜひ参考にしてみてください。

家政婦の適性について

家政婦は街の家政婦紹介所に登録し、家事経験があれば誰でもなれる職業です。

家事代行サービスは、企業に登録し研修期間を経て一定基準に満たなければ、仕事を与えられません。そういう意味では家政婦は家事代行サービスに比べてみると、比較的簡単に仕事が回してもらえるので、急いで収入が欲しい人には適した職業と言えます。
しかしながら、問われる家事の技能、スキルのレベルは相当高くなければとても務まる職業ではありません。

依頼された家庭に入り、その家庭の家族構成をよく頭に置き、どういう料理を作って提供すればよいか瞬時に判断し、美味しいと言われる料理を作らなければいけません。
自分の好みや、好き嫌いだけで料理を作ることはできないのです。

その家庭の主人はどんな職業で、どういった栄養が必要か、育ち盛りの子どもにはエネルギー効率の良いものを、また高齢者には柔らかくあっさりした食べやすいものなど、それら全てを瞬時に判断しそれぞれに適した料理を作らなくてはいけません。

また掃除も指示される前に、自ら進んで美化に努めなければいけません。
指示される前に、一歩も二歩も気を利かせて、家族が気持よく快適に過ごせるよう掃除しなければいけないのです。
洗濯でも、普通に洗濯機をまわし干すだけではいけません。

先に洋服のほつれや、ボタンが取れかかっていたら、きちんと修繕してあげ、洗濯する必要があるのです。そうしたさりげない気づかい、配慮、優しさといたことを持ち合わせていなければ、家政婦としては務まらないのです。

また家政婦を雇える家庭と言うのは、社会的ステイタスのある富裕層である場合が多い傾向にあります。

たとえば国会議員であるとか、医師、弁護士、会社社長、芸能人といった層の人々が利用する事が多いのです。そうした社会的ステイタスのある人は、常にマスコミやメディアなどに追いかけられる存在でもあります。

またそういう職業の人々は、職務上の秘密をたくさん抱えており守秘義務があるものなのです。

しかし家政婦はそういう家庭に入り込む為、知ってはいけない秘密をやむを得ず知ってしまう事があるのです。

しかしながら家政婦はその秘密を決して口外してはいけないのです。

また、そうした秘密を自分の墓場まで持っていける人でなければ家政婦として務まらないのです。